2016年2月

 

2016. 2. 2. Tue
      ハードテイスト

あたらしい木工品が次々と出来ています 
実店舗のエントランスも賑やかになってきましたよ 
 
ステンシルした物が多く、ちょっとハードなイメージもするのですが 
それが小学生~高校生の若いお客様に評判が良いいみたいで 
最近はお母さんがお子さんに買っていかれるケースがとっても多いです 
子供の時からインテリアにも興味を持ってくれたら嬉しいですよね 
 
そろそろ入学準備の季節です 
親子で作る「オリジナルなスペース作り」・・・ 
ワクワクしますね! 
我が家の息子たちも、小学生の間は主人の作った机で過ごしていました 
あ~、あの頃はかわいかったなぁ・・・ 
いやいや、今でもかわいいですよぉ♪ 
 

  
 

 

2016. 2. 10. Wed
      マフィン

マフィンを焼きました 
(マフィンならボウルひとつで、ガ~っと混ぜるだけだし、楽勝だわ) 
と焼いたものの、あり得ないくらいの超硬い、 
まったく歯のたたない、信じられない代物が出来てしまいました 
 
「マフィン」と言えば、お菓子の本の中でも「初心者コース」のはず・・・ 
凹んでいる場合ではない! 
早速「マフィン 失敗」「マフィン 硬い」と検索して、いくつかの原因を突き止めて 
リベンジしました 
なんとか形はともかく、ふっくらと焼きあがってくれました 
 
ひとつ、ひとつの工程を丁寧にするのが大事 
(まぁ、これくらいいいか!)って、いい加減にするとそれなりの結果です 
たしか、今年の抱負を「ワンランク上を目指す」って掲げていたよなぁ 
よしっ、かっこいいMUFFIN目指して頑張ろう・・・ 
 
 
明日(11日)建国記念日から14日まで 
sugar treeは11時~OPENしています 
 
woodモビールなど、いろいろと出来ています ご来店お待ちしていますね♪ 
 

  
 

 

2016. 2. 17. Wed
      ガーナチョコの日

ジェットコースターのようなお天気に、 
季節感がまったくわからなくなってしまう今日この頃です 
 
気が付けば「バレンタインデー」も終わっているし・・・ 
と言ってもいつの頃からか 
ただガーナチョコを「ホレッ」と主人に渡すだけの日なんですけどね 
 
けど息子が持ち帰るチョコは楽しみでしかたない 
義理であろうがなんであろうが美味しいことには変わりないのです 
「おすそわけ」というより私がメインで食するのであります 
 
 
今年になってからは、キットはリニューアルを中心にUPしています 
それでもsoldの商品にお問合わせを頂くと(まだまだ追いついていないわ)と、アセアセ・・・なのです 
今週は「コットンブリック(ドット)」とセルフキット「クアトロバッグ(Y&N)」をUPしました 
大きなドットやミモザのような綺麗な黄色に、作りながら気持ちがウキウキして楽しくなりましたよ 
小物は布選びも気軽にできるので、ぜひお気に入りの布を見つけたら量産してみて下さいね 
 
商用利用のお問合わせを頂くことが多いのですが、 
基本的には完成品の販売はOK!です 
(ただし、型紙やレシピそのものの販売はご遠慮下さいね) 
できれば、「型紙・レシピ sugar tree」と記載して頂くと、とっても嬉しいです♪ 
 

  
 

 

2016. 2. 19. Fri
      ワンピース

今日はねワンピースを作りました 
大人用と100サイズの女の子用です 
ちょっと、洋服作りモードに入りそうな予感・・・ 
せっかくのロックミシンも使ってあげないとかわいそうだもんねぇ 
 
 
NEW デザインの革タグが出来ました 
オリジナルキット「コットンブリック ドット」にも使用しているタイプの 
タグですよ 
マニッシュなテイストで、今までとはまた違った使い方も楽しめそうです 
実店舗・ネットショップともに販売開始しました 
 

  
 

 

2016. 2. 25. Thu
      デザインかサイズか

「男前インテリア」がすごい勢いで流行して、 
インテリア雑誌も色々と発売されています 
我が家も去年あたりから、少しずつ取り入れています 
 
先日、ずっと気になっていたキッチンの壁の一部に棚を取り付けて貰いました 
「お菓子やパンの材料を置く棚を作って!」とだけ伝えて、デザインは主人におまかせです 
 
デザインは気に入ったけど・・・ 
使いたかったビンが全く使えないよ(棚の間隔が狭いのだ!) 
作る前に、少しは依頼人の意見も聞いてよ! 
「デザイン的に棚の間隔はコレがBESTなのだ」という主人と、 
「使い勝手のほうが大事だ」と主張する妻・・・ 
ふたりの意見が交わる事はないのです 
(すべての容器を買い替えたのは、言うまでもまありません) 
 
でも、せっかく作ってくれたのだから大事に使わせて頂きます